交通システム工学科のニュースです。

山中助教と本学科修士1年の岡田貴行君が第52回地盤工学研究発表会で優秀論文発表者賞を受賞しました。

 

2017年7月12日~15日に名古屋国際会議場で開催された(公社)地盤工学会主催の「第52回地盤工学研究発表会」において、山中助教と修士1年の岡田貴行君が「優秀論文発表者賞」を受賞しました。おめでとうございます。

<論文タイトル>
「粘性土を用いた短繊維混合補強土の強度特性に及ぼす目合いおよび剛性の影響」(山中助教)
「関東ロームの安定処理における攪拌が物理特性およびCBRに及ぼす影響」(修士1年 岡田貴行)

       

 

↑ PAGE TOP