交通システム工学科のニュースです。

稲垣具志助教が、第35回交通工学研究発表会において、研究奨励賞と安全の泉賞をダブル受賞しました!

 

平成27年8月31日~9月1日に日本大学理工学部において開催された「第35回交通工学研究発表会」において、交通システム工学科の稲垣具志助教が「研究奨励賞」と「安全の泉賞」をダブル受賞しました。

「研究奨励賞」は45歳以下の発表者による優れた論文に対して、「安全の泉賞」は交通安全に寄与する優れた論文に対して贈呈されるもので、両賞を同時に受賞されました。

<論文題目>
「視覚障害者の道路横断のための新たな方向定位支援ツールの提案」

視覚障害者が単独で道路を横断する際に、正しい方向へまっすぐ歩行できるよう支援するためのツールを提案し、当事者による歩行実験に基づいて最適な支援手法を明らかにしたものです。今後、実際の道路への設置を目指してさらに検証実験を進めていきます。
おめでとうございます。

第35回交通工学研究発表会の概要ページ
http://www.jste.or.jp/Activity/happyokai35.html

 

↑ PAGE TOP